1/23(土) コンタクト・インプロビゼーション

コンタクト・インプロビゼーション(CI)は、アメリカで1972年にスティーヴ・パクストンが考案した、ダンスの即興テクニックです。

人とからだで接しながら、お互いの重さをゆだね合い、その時に生じた感覚や流れにのせて動いていくことで、ダンス経験の有無に関わらず、誰もが自然と即興で踊っていくことができます。

スタジオでは、身体感覚をひろげる一つの手法として、平日定期クラスの「コンテンポラリーダンス基礎/応用」のなかで、CIのワークを取り入れています。

そして月に1度の土日ワークショップでは、2時間半じっくりCIに取り組むことで、動かされているからだの感覚や、からだを伝わる動きの感覚、からだで動きを伝える感覚をつかんでいくことを目指します。

当日のプログラムは、参加者の方のペースにあわせて丁寧にすすめていきます。初心者から経験者の方まで、どなたでもご参加くださいませ。
----

【日時】 1/23(土) 15時半~18時

【講師】 永井美里  

【料金】 2500円 (★要予約)

【ご予約・お問い合わせ先】
お名前と参加希望の日程を前日までに、下記の連絡先までご連絡ください。
(※ワークショップ当日のご連絡は、電話または携帯mail までお願いします)

電話: 070-6457-4761
E-mail: minori0627@hotmail.com
携帯mail: aapa@willcom.com

----
コンタクト・インプロビゼーションについてより詳しく知りたい方は、MAD Cityのwebサイトにコラムを掲載していただいたので、下記リンクよりご覧ください。

ほぐして、つなぐ。からだを動かすコラム vol.3 

■ 下記の動画は、コンタクト・インプロは初めて、というお二人に体験いただいたときの映像です。
 (会場FUNCLUB@松戸)