講師プロフィール

◆ 永井美里 (ながい みのり) 


6歳からバレエとダンスを始め、2003年に英国ミドルセックス大学ダンス学部に入学。コンテンポラリーダンス、スキナー・リリーシング、コンタクト・インプロビゼーション(CI)を学び、からだのコミュニケーションと動きの自由さに刺激を受ける。

帰国後の2007年より、劇場外(日常の場所)での舞台活動に取り組むAAPAの創作に参加。2008年より、C.I.N.N.(Contact Improvisation Nihon Network) メンバー。
ダンサーとして自身のダンスを探求しながら、からだの面白さやダンスの魅力を広く伝えていくことを目指して活動を行う。

現在は、2013年にAAPAが北千住にオープンした「日の出町団地スタジオ」で行うクラスを中心に、バレエスクールBallet Du Cielでの中高生へのコンテンポラリーダンスクラス、座間米軍キャンプでの子ども向けクラスなどでも講師を行い、子どもから大人まで幅広く教えるほか、NPO法人ARDAが行う保育園・幼稚園へのアーティスト派遣事業のコーディネーターとしても活動している。

2015年夏に東京国立近代美術館で行われた「びじゅつ体操」の振付・講師を担当。同年、マレーシアで行われたAsia Pacific Impro! 2に招聘される。


【定期クラス】

▼日の出町団地スタジオ (北千住)
「クラス紹介」のページをご確認ください。

Studio Dansage (四谷三丁目)  
- コンテンポラリー (インプロビゼーション) ( 土曜 12時~13時半)
※ 受講料、アクセスなど詳細は、Studio Dansage のwebサイトでご確認ください。

Ballet Du Ciel(田町)※中高生クラス
‐ コンテンポラリー (日曜12時~13時半/月2回)
※ 詳細は、Ballet Du Cielのwebサイトでご確認ください。


【ダンス映像】

2011年8月上演作品 「海を歩く」 (リハーサル映像)



2015年8月上演作品 「浮舟」