『物とコンタクト/2』 6月スタジオショーイングのお知らせ(2015)


6月のスタジオショーイングは、前回5月の内容を発展させ、
人や物、床との「接触点(コンタクト)」に意識を向ける
コンタクト・インプロビゼーション(CI)」をベースに、
様々な物やジャグリングの道具を使ったパフォーマンスを行います。

出演者には、スタジオでのショーイングを経験している
ジャグラー2人が加わります。そして5月に引き続き、
今回もパフォーマンスの創作で取り組んできた
内容を紹介する、ミニ・ワークショップを同時開催します。

★ワークショップは「参加自由・見学可」です。(激しい運動はしないので、動きやすい服装であれば普段着で参加可能です)

ショーイングのみ見たい方も、ぜひお気軽にご来場ください。

==========

6月のスタジオショーイング 
『物とコンタクト/2』

構成・出演: AAPA (上本竜平永井美里)
出演:  関矢昌宏・佐々木隼人

日時: 6/27(土)・ 28(日) 両日18時半~20時
          (開場は開演の15分前)

料金: 1500円 (★要予約/ 当日1800円)

会場: 日の出町団地スタジオ
          (北千住駅東口 徒歩5分/アクセスMAP


出演者プロフィール
AAPA 
アアパ / Away At Performing Arts

「仮設劇場になる海の家」を企画した『茅ヶ崎戯曲』(2004.8)を契機に活動開始。様々な場所で日常と舞台を地続きに見せる舞台空間を企画し、2013年夏より北千住で「日の出町団地スタジオ」を運営。
ダンスを軸に多ジャンルとの協働にも積極的に取り組み、「大野一雄フェスティバル2009」「踊りに行くぜ!!Ⅱvol.1」等に参加し、作品を創作している。


関矢昌宏  Sekiya Masahiro

1990年生まれ。東京理科大学入学後、ジャグリングサークルに所属し、ジャグリングを始める。サークルを中心に活動しながら、JJF2012チーム部門で出場するほか、ライブハウスなどにも出演。現在は新宿区の児童施設で、子どもたちへのジャグリング指導も行っている。ジャグリング創作プロジェクト「focus」としても活動中。


佐々木隼人 Sasaki Hayato

1989年生まれ。獨協大学在学中にジャグリングを始め「かけあわせること」をテーマに、ジャグリング、ダンス、演劇などを取り入れた舞台の創作活動を行う。
2014年より、日の出町団地スタジオの企画に参加し、「モノ」と「からだ」への関心を高めていく。2015年に、AAPAの作品「短い旅行記」に出演。


ご予約・お問い合わせ

ご予約の際は、下記の予約フォームより前日までにお申込ください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/f468c291360520

また、下記の連絡先より「ご来場日時・お名前・人数」を前日までに
ご連絡いただく形でも大丈夫です。
-----
電話: 070-6457-4761 
E-mail: minori0627@hotmail.com
携帯mail: aapa@willcom.com
※当日の連絡は電話または携帯mailにお問い合わせくださいませ。
-----