▼ コンタクト・インプロビゼーション(CI)

コンタクト・インプロビゼーション(CI)は、アメリカで1972年にスティーヴ・パクストンが考案した、ダンスの即興テクニックです。

人とからだで接しながら、お互いの重さをゆだね合い、その時に生じた感覚や流れにのせて動いていくことで、ダンス経験の有無に関わらず、誰もが自然と即興で踊っていくことができます。

海外では様々な場所でCIのフェスティバルが行われていて、ダンサーやパフォーマーだけでなく、趣味として楽しむひとも多く参加しています。東京でも年に1度、海外から講師を招聘して行われている「東京・コンタクト・インプロ・フェスティバル」(C.I.N.N.主催)があるなど、日本でのCIのイベントやクラスの機会も増えています。

そしてスタジオでは、CIの定期クラスとして、初めての方でも参加しやすい50分クラスと、より踏み込んだ内容を丁寧に紹介する90分クラスの、2つを行っています。
どちらのクラスも、決まった振付を踊るのではなく、テーマや課題を通じて、いろいろな動きを自分の身体で即興で発見していくクラスです。

----
★初めての方でも参加しやすい「50分クラス」
【講師】  永井美里
【日時】 水曜 19時~19時50分 
【料金】 1000円 
【内容】 参加者のペースにあわせて、丁寧にすすめていきます。人と自分のからだで自然に生まれる動きにゆだねて、からだと心を解放しましょう。 


★より踏み込んだ内容を丁寧に紹介する「90分クラス」
【講師】  上本竜平 / 永井美里
【日時】  火曜 20時~21時半 
【料金】  2000円  
【内容】 毎月テーマを決めて、人や物や空間など、その場にある他者とともに即興で踊ることを
めていくクラスです。基本的にはCI経験者向けのクラスですが、集団での即興に興味のある方でしたら、初めての方もぜひ一度ご参加ください! 
----

コンタクト・インプロビゼーションについてより詳しく知りたい方は、MAD Cityのwebサイトにコラムを掲載していただいたので、下記リンクよりご覧ください。

ほぐして、つなぐ。からだを動かすコラム vol.3 

■ 下記の動画は、コンタクト・インプロは初めて、というお二人に体験いただいたときの映像です。
 (会場FUNCLUB@松戸)