5月の「日曜コンテンポラリーダンスWS」

コンテンポラリーダンスでは、振付家や講師によって
異なるからだへのアプローチがあり、
様々なダンスのスタイルが実践されています。

5月のコンテンポラリーダンスのワークショップでは、
3回に渡り異なる手法を体験し、ダンスを踊るときの感覚や視点に
新たな気づきを加えることを目指します。

1回目は、「呼吸とからだ」
2回目は、「イメージとからだ」
3回目は、ゲスト講師に水然みきさんを招いて、
     「ことばとからだ」をテーマにワークショップを行います。

どの回もダンスの経験問わず、どなたでも参加可能です。
皆さまの参加をお待ちしています!

---------------------------
日時】 5/3(日)・10(日)・17(日)  15時半~17時半

講師】 永井美里 (5/3、10) ・ 水然みき (5/17)

料金】 各2000円 (★要予約/ご予約方法は、このページの最後をご確認ください)

会場】 日の出町団地スタジオ (北千住駅東口徒歩5分)
---------------------------


<各回の内容>

5/3(日) 15時半~17時半  「呼吸とからだ」 (講師: 永井美里)

ダンスを踊るときに「呼吸」をコントロールできるようになると、
からだの動きが変わり、表現も広がります。

この回は、「呼吸」によって、からだが膨らんだり、縮んだりするのを
意識するところから始めます。
お腹や胸や背中など、様々なところに呼吸を入れてみることで、
からだのどこが・どのように動くのか観察し、その影響を探ります。


5/10(日) 15時半~17時半  「イメージとからだ」 (講師: 永井美里)

最初に、からだの構造を本や写真で見ながら、骨や血管、筋繊維など、
からだの中にたくさんある「筒」や「管」を見つけていきます。そして
その管にボールを転がすようにイメージして、からだを動かしていきます。

そのボールの大きさを変えたり、ボールを水の流れに変えたりしながら、
イメージによって、からだや動きが変化する様子を観察し、深めていきます。


5/17(日) 15時半~17時半  「ことばとからだ」 (講師: 水然みき)

日々、なにげなく使っている「ことば」と「からだ」ですが、
このふたつの間には、目には見えない大きなエネルギーが生まれています。

この「ことば」と「からだ」の関係を、意識的に捉えてみるところから始めます。

そして、ことばから生まれるイメージや意識、身体感覚が、どのように
からだに作用し、動きや踊りに繋がっていくのかを中心に進めていきます。


<講師プロフィール> 


永井美里  Nagai Minori

幼少よりバレエをはじめ、2003年に英国ミドルセックス大学
ダンス学部に入学し、コンテンポラリーダンスを学ぶ。
卒業後に帰国し、2007年より AAPAの創作にダンサーとして参加。

からだ本来がもつ構造や法則を利用し、自然な流れの中に
生まれるダンスを探求しています。

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください

水然みき Suinen Miki

9歳よりクラシックバレエを始め、20歳のころダンスの世界を知る。
笠井叡に舞踏、オイリュトミーを、上村なおかにダンス、ボディコンディショニングを師事。笠井叡舞踏学校、笠井叡エフェソスオイリュトミー3年集中コースおよびフォルトコース修了。

 ダンス、オイリュトミー、朗読、即興での表現活動を行い、ソロダンス「セツゲッカ」、オイリュトミー「くらげ」等を創作するほか、ストレッチやダンスの指導者(「エムズ体操教室」主宰)としても活動。
自主講座の他、学校の授業や部活動、公開講座等で講師経験があり、子どもから大人まで、個々の身体に合わせ た指導を行っている。



ご予約・お問い合わせ先

お名前と参加希望の日程を、下記の連絡先までご連絡ください。
定員になり次第、締め切りとなります。

電話: 070-6457-4761
E-mail: minori0627@hotmail.com
携帯mail: aapa@willcom.com

(※ワークショップ当日のお問い合わせ・ご連絡は、
上記の電話番号、または携帯mail までお願いします。)