『武術とダンス』 7月スタジオショーイングのお知らせ(2015)


7月のスタジオショーイングでは、昨年8月から月1ペースで継続的に開催している「武術のワークショップ」を通じて学んできた、武術の技やからだの使い方から創作したダンスの振付や動きを紹介するパフォーマンスとトークを行います。


ショーイングは、パフォーマンスを見る・見せるだけではなく、ベースにある視点や興味をシェアすることを目指す場です。どなたでも参加可能ですので、興味を持ったらぜひ気軽に参加してもらえると嬉しいです。

-----
日時:7/25(土) 17時、26(日) 15時

料金:前売 1000円 / 当日 1200円

出演:  佐久間瑞穂  福田寛之 /
田代順(武術家)  永井美里  上本竜平

【予約フォーム】
https://ssl.form-mailer.jp/fms/f468c291360520
-----

そして、武術ワークショップをスタジオで行うことにしたきっかけや
ショーイングに向けて考えてきたことについて、下記のリンクにまとめました。
こちらも興味がありましたら、ぜひ読んでみてください。


「武術」のワークショップを企画したきっかけ

「武術とダンス」(7月ショーイング)に向けて



■出演者プロフィール

田代順 (たしろ じゅん)

中学、高校と道場で剣道を習い、大学時代に合気道道場に入門。その後、より 「実戦」的な武術を求めて拳法(柔拳法、日本拳法)、体術等を習い、現在「自在流体術」主宰。同時に夢想新伝流、無外流居合を10年ほど修行中。

講師とし て舞台芸術の学校P.A.Iにて「武術的動き」のワークショップ講師、合気道の動きをダンス的展開に結びつけた「接点動き」のワークショップ講師など。



佐久間瑞穂 (さくま みずほ)

ベリーダンサー。
BellyQueen Japan代表 Sadiaをマスターティーチャーとし、国内外の有名ダンサーにオリエンタルダンスを学ぶ。
得意とするのは、ベールやソード等を使用する華やかなアメリカンキャバレースタイル。レストランショーや企業のパーティー、各種イベントに出演。
現在、踊りの幅を広げるため、コンテンポラリーダンスも学んでいる。



福田寛之 (ふくだ ひろゆき)

ブリコラージュ研究所主宰。即興実験学校コアメンバー。杉並区の公共劇場「座・高円 寺」などでインプロ(即興演劇)のワークショップを行い舞台にも立つ。

近年はマスクワークに傾倒し、Loose Moose Theatre CompanyやTrestle Theatreで学ぶ。マスクの製作からフルマスク/ハーフマスクのワークショップ、パフォーマンスまで幅広く活動を展開。詳しい活動内容はwebサイト (http://bricolage-rl.com/)をご覧ください。