特別ワークショップ『マスクとダンスのリサーチワークショップ』


スタジオでは12月27日(土)に、
特別ワークショップとして
『マスクとダンスのリサーチワークショップ』を行います。

今回、「マスク」の講師を担当していただくのは、スタジオのダンスクラスやワークショップにも定期的に参加してくれていて、
マスクやインプロ(即興演劇)のワークショップ講師、パフォーマーとして国内外で様々な経験を積まれている福田寛之さん。

世界中の民族や文化のなかに存在する「仮面/マスク」。
誰もが見聞きしたことはあっても、実際に触れてみたり、被ってみたりする機会はなかなかありません。

マスクを被ると、顔が変わり、動きが変わり、キャラクターが変わる。
そこには、見る側にとって視覚的な変化があると同時に、
見られる側(パフォーマー)には自身のからだを通じて感じる変化があります。

今回のワークショップでは、この見る側と見られる側の「変化」の
つながりに注目して、マスクがもつ身体的な「効果」と「影響」を皆で体験してみます。
 
ダンスのワークでも、からだへの意識や質感を変化させるために
様々な動きやイメージを使います。
その延長として、「マスク」を通じて新しい発見をしてもらえたらいいなと思います。

この機会にぜひ、様々な方に体験してもらえれば嬉しいです。

 ++++

日時:12月27日(土)15時~17時30分

参加費:2000円

定員:8名 *要予約(申込み締切12月25日)

会場:日の出町団地スタジオ (アクセス

内容:
●ウォームアップ
最初に、スタジオのクラスで行っているワークを通じて、
あまり意識することのないからだの部分まで、感覚をひろげていきます。
そこから、からだの様々な質感や動きを見つけていきます。

●「マスク」のワークショップ(講師: 福田寛之)
マスクって何?ということの紹介から始めて、マスクに関する
様々なワークを行いながら、マスクによって生じる「からだの変化」を
参加者の方とともに見つけていきます。

●フィードバック
それぞれの体験や発見を振り返って、みんなでシェアします。

---

【福田寛之(ふくだ ひろゆき) プロフィール】

ブリコラージュ研究所主宰。即興実験学校コアメンバー。
杉並区の公共劇場「座・高円 寺」などでインプロ(即興演劇)のワークショップを行い舞台にも立つ。
近年はマスクワークに傾倒し、Loose Loose Theatre CompanyやTrestle Theatreで学ぶ。マスクの製作からフルマスク/ハーフマスクのワークショップ、パフォーマンスまで幅広く活動を展開。
詳しい活動内容はwebサイト(http://bricolage-rl.com/)をご覧ください。

++++++

お申込み・問い合わせ
お名前・連絡先・ご希望の日程を下記連絡先まで事前にご予約ください。
定員になり次第、締め切りとなります。

電話: 070-6457-4761 
E-mail: minori0627@hotmail.com
携帯mail: aapa@willcom.com
※WS当日の連絡は電話または携帯mailにお問い合わせくださいませ。 

++++++

皆さまのご参加お待ちしております!