初めて見たとき。

自分がはじめてコンテンポラリーダンスをみたときのことって、覚えていない。
でも、そのはじめてがあったから、今がある。

昨日、つくばのパフォーマンスは無事におわりました。
前回の立川もそうだったけれど、ダンス以外の目的であつまってる団体の中に、まぎれるようにしてはいっていってパフォーマンスをはじめるのは、舞台とはまた違う緊張がある。
(今回はTxT Projectという企画のなかでパフォーマンスをさせていただきました。
プロジェクト内容はAAPAのDJの國府田さんがブログでかいてます)

ダンスの内容は正直、反省がおおい。なんだか落ち着かずにいた。
終わってから、もやもやが残ってなかなかみんなの前にでていけなかった。

パフォーマンスのあとは、みんなでバーベキュー。
踊り終わったあとに見てくれた人と顔をあわせるのは、すごく恥ずかしい。
後ろのほうからこっそりはいった。

バーベキューをしながらいろいろな感想をきけてよかった。面白かったといってもらえてよかった。

こうやってダンスを届けていく活動は意味があると思う。はじめてみたけれど、面白かったと伝えて下さった方々に感謝です。